魔女のおうち

開運の秘訣を綴ります

30年ぶりの再会

九州地方がとても冷え込んだ日

伯父が突然逝きました

かなり破天荒な生き方をしてきたので

家族とはとっくに疎遠で

子供たちはみんな県外に出てしまったため

伯父は長いこと施設でひっそり暮らしてました

 

母は心配してよく会いに行ってましたが

ここ数年ほとんど会話はなかったそうです

私も妹と一緒に2年前に面会に行ったときも

視線をほとんど合わせてもらえず

とても淋しかったのを覚えてます

人を楽しませるのが好きで明るい伯父が

あのような風貌になってしまうほど

心を病んでしまっていたのがショックでした

 

 

私と妹はお通夜にだけ参列することにして

葬祭場に行くとそこには・・・

30年間会うことのなかったいとこたちがいました

30年前って学生だったから

子供だったいとこたちがいきなり大人?

いやおじさんおばさんが正しのか

いや初老と表現した方がいいのか

悩んでしまうほど全員見事に年を重ねていて

なんか笑えました(´∀`*)ウフフ

 

だけどね本当は哀しい哀しい再会でした

伯父が逝ってしまったあとは

もう誰もここに戻って来ることはないだろうな・・・

としみじみと感じたし

伯父のような生き方は子供たちにとっては

到底許せるものではないんだということが

すごく伝わったから

 

母の残りの兄弟は関東と東北に住んでいます

東北に住む母のもうひとりの兄は

伯父のなくなったその日に心筋梗塞で搬送されていて

入院そして今手術待ちなので

今回のことは知らされてないそうです

もう80歳を超えていて

かなり危険な状態なのだとか

 

関東に住む母の妹も諸事情があり

参列できなくて

兄弟の参列は母だけでした

家族葬だから本当に本当の身内のみ

こんなに寂しい通夜は初めてで・・・

だから今になって泣けてくる(ノД`)・゜・。

私と妹は

破天荒で色々問題があっても

伯父にはとても可愛がってもらったので

大好きだったのです

 

でも家族としてはアウトだよね・・・

と通夜のあと妹とフレンチを食べながら話しました(^^;

伯父のことは大好きだけど

昭和の典型的な遊び人

詳しく書けないのが残念だわん

自分ちのことじゃないからね

母に伯父の誕生日を聞いて命式出しちゃお

晩年孤独になる星がきっと出てるはず・・・

破天荒もほどほどにってことなんだろな

学びにさせていただきます!!

母の兄弟はなぜか?全員波乱万丈

気の強い母だけがわりとまっとうな人生でした

母のガッツに溢れて困難を切り開く力・・・少し欲しい😝

 

それにしても

喪服でフレンチを食べる姉妹もどうかしてるかな?!

4人の子持ちの妹はこんなときじゃないと

夜出てこれないので束の間の自由を味わってたよん

家族を大切にしようと誓う夜になりました

 

f:id:marinemoca:20200309035822j:plain

安定のわかめサラダ