魔女のおうち

開運の秘訣を綴ります

見えてなかったもの 見ないようにしてきたもの

バスに乗って外の景色を眺めていると

色んな気づきがありますよね

 

私は高校受験で

希望とは違う不本意な高校に進学することになりました

理由は地元の県教委が始めた合同選抜という

最高に最低な愚策のせいです

このことは義実家劇場を超えるほどの

訴えがあるのですがそれはまた別のときに・・・

その不本意な高校が家からバス→電車→バスで

1時間半もかかるところにあり

3年間通学にものすごく無駄な時間を費やしまして

で、私はそのとき決めたのです

将来は交通機関を使わずに

どこにでも行けるところに住もうと

まぁ早い話街の中心部なんですけど

 

幸い転勤している時代も

社宅は街の中心部にあったので

移動は快適でした♪

そして地元に戻ってきて購入したマンションは

図書館、美術館、百貨店、銀行、役所

すべて徒歩圏内にある物件にしました

そのくらい移動時間に懲りていたのです

あ、あと私ペーパードライバーなので(^^;

 

普段半径1km圏内で生活していると

見えてなかったものがいっぱいなんですよ

それが今父の病院までバスで移動していると

本当にたくさんの気づきをもらっている気分

 

まず移動手段がバスしかないお年寄りの姿

お洒落した80代(たぶん)のご婦人方は

元気に百貨店から出てきて

賑やかにバスの乗り込みます

あ~こんな姿は和むなぁ 

一方高齢になって免許を返納されたであろう男性陣は

病院帰りのような?方が多くて

どこか寂し気 ときおり激しくせき込んだり

あと想像以上に杖をついている方も多くてびっくり

ウチの近所のお年寄りたち

元気に自転車を乗り回している人が多いので

う~ん住む地域って健康寿命を分けるのかも?

と思ったりなんかして

 

あとは街中の学校から帰宅する

めちゃくちゃかわゆい制服姿の小学生

もう元気よすぎて

バスの運転手さんに注意されている姿すら

かわゆくて愛おしくなっちゃう♡

こんな小さいお子たちが

朝の通勤ラッシュの中で

揉まれて通学していることを

想像するだけで胸がきゅーんとしたり・・・

お受験終わると大変な通学が待ってるのよね

でも私も地元ならお受験させただろうな

公立が信用できる地域ではないからね~

 

そして見ないようにしてきたもの

これはずばり地域の社会的弱者(高齢者を含む)の存在

見なくてすむところに住んでいるだけで

こんなにも存在している現実を

もっとしっかり見なくてはいけないなと

反省しているところ

 

だけど1番見ないようにしてきたものは

自分の親の老化でした

病院にいる父母はすっかり小さくなった

立派な後期高齢者

私はずっと自分の親が弱るワケないと思っていて

何も考えずに甘えてきたんだという事実に

打ちのめされています

 

地元に戻ってきて

親孝行しているつもりでいたけど

それは完全に錯覚でした

父の病気は私の目を覚ましてくれたのでしょう

あとで後悔しないためにも

これからはきちんと現実に向き合うつもりです

アラフィフって実はまだひよっこだね🐣

 

f:id:marinemoca:20200130011933j:plain

彩りイマイチだけど美味💕